腱鞘炎になりやすい姿勢とは

腱鞘炎は手の使い過ぎだと思っていませんでしたか??

実は、腱鞘炎は手の使いすぎだけでなく、姿勢とも関係しています。

腱鞘炎になりやすい人には、姿勢が大きく関係しているらしいのです。

普段使っている机と椅子の高さがあっていないと、無理な姿勢をとってします。

無理な姿勢になると腕や手首・指などにも負担がかかりやすういのです。

パソコン作業で腱鞘炎にならない為には

パソコン作業をしている人なら、
理想的な姿勢は、パソコンの画面は体の正面
頭や目を上げないで画面を見られる高さにモニターがあるようにする。

腕は椅子のひじ掛けや机の上に置いた状態で、
なるべく手首を上に上げないように
作業するのが理想的だそうです。

パソコン作業で腱鞘炎に困っている人は、机と椅子とモニターの高さを
今すぐ調整してみてください。